不動産が売れない原因と売れるための改善策についてポイント解説

2022-10-18

知識

不動産が売れない原因と売れるための改善策についてポイント解説

いざ不動産を売りに出したものの、思ったように売れないこともよくあります。
そのような場合、売れるためにどんな改善策を取れば良いのでしょうか?

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない原因

不動産が売れない場合、その原因を把握し、原因に応じた対策をとる必要があります。
売れない原因としては主に以下が挙げられます。

  • 売り出し価格が不適切
  • 建物・土地の問題
  • 不動産会社の問題

どんなに良い物件も、買い手が希望する価格でなければ売れず、周辺で同程度の物件がより安価で売り出されれば、買い手はそちらに流れます。
また、建物自体の問題として、外観や設備、間取り、耐震性能などが買い手の希望に合わないこともあります。
くわえて、周辺環境に問題がある、交通利便性が良くない、浸水可能地域にあるなど立地条件が良くない場合もマイナスポイントとなります。
その他、売却を仲介する不動産会社の、広告や売り出し方法に問題がある場合もあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない場合の対処法

売れるためには、上記の原因に合わせて対処法を考えましょう。
まず売り出し価格については、不動産会社等が提示する査定価格などにこだわらず、実際の需要に合わせて柔軟に見直すようにしましょう。
周辺エリアの成約価格を調べるなどしたうえで、建物・土地のスペックに応じた価格設定をしましょう。
そのほか、価格面では、登録免許税を売主負担にするなど、費用負担を見直す対処法もあります。
また建物自体に問題がある場合、外装や水回りや玄関など目立つところを中心にリフォームを施すなどが可能です。
また立地条件は、変更が難しいことが多いので、立地以外の魅力を打ち出すほか、価格を見直すなどの対応をしましょう。
さらに、不動産会社と相談して広告を再検討する、ポータルサイトに掲載する写真の改善やホームステージングなどで物件をより魅力的に演出することも可能です。
また不動産会社が囲い込みをしたり営業力に問題がある場合、なかなか売れないことがあり、そうした場合は不動産会社の変更も検討しましょう。
なお、不動産会社との契約が、一般媒介契約でなく、専属専任媒介契約か専任媒介契約の場合、契約開始から3か月を経ないと他の不動産会社に依頼できないので注意が必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない場合の対策とそのポイント

もしどうしても不動産が売れず、対応を急ぐ必要がある場合、どのような対策があるでしょうか?
まず不動産を相続した場合は、相続を放棄するのも一つの選択肢となります。
また採算を度外視するなら、無償で贈与することも可能ですし、自治体などに寄付する方法もあります。
そのほか、不動産会社などに買い取ってもらうことも選択肢となります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産がなかなか売れない場合、問題点を見直したうえで周辺エリアの需要に合わせた売り出し価格を再設定しましょう。
また、売れない場合でも、いくつか他の選択肢がありますので、それも合わせて検討しましょう。
私たち「清澤司法書士事務所」は中野区を中心に、東京23区エリアで不動産売却のサポートをしております。
お客様に真摯に対応いたしますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6300-9577

営業時間
9:00~19:00
定休日

関連記事

売却査定

お問い合わせ