二世帯住宅のタイプは何種類?売却しにくい理由と注意点を解説!

2023-01-17

二世帯住宅のタイプは何種類?売却しにくい理由と注意点を解説!

二世帯住宅には複数のタイプが存在し、その間取りの複雑さから一般的に売却しにくいと言われています。
しかし、孫世代の独り立ちなどの理由で売却を検討している方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、二世帯住宅が売却しにくい理由と売却時の注意点を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

二世帯住宅のタイプは何種類ある?

二世帯住宅には、下記3種類のタイプがあります。

完全分離型

完全分離型は、壁や階数を境にして親世帯と子世帯が完全に独立しているタイプです。
玄関や設備もそれぞれの世帯ごとに分かれているため、お互いのプライバシーを守れます。

一部共用型

一部共用型は、玄関やキッチンなど住宅の設備の一部を互いに共用しているタイプです。
どの設備を共用とするかによって、生活のスタイルが大きく変わってくることが特徴として挙げられます。

完全同居型

完全同居型は、寝室などの個室がすべて共用になっているタイプで、一般的な一戸建てに二世帯が住むようなスタイルです。
家事や子守など、お互いの生活を気軽に助け合える点がメリットだと言えるでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

二世帯住宅が売却しにくいと言われる理由は?

二世帯住宅が売れにくい理由として、下記3点が挙げられます。

売り出し価格が高い

二世帯住宅は一般的な一戸建てよりも建築費が高額になるので、売却時にその費用を回収しようと考える方が多いでしょう。
そのため売却時も高値に設定する傾向があり、結果的に売れ残りを招いてしまうのです。

ライフスタイルに合わない

二世帯住宅はその建築主の家族に合ったライフスタイルをもとに建築されています。
新しい買い手を見つけようと思っても、その価値観に合った方を探すのは難しいのです。

心理的瑕疵がある

とくに築浅の二世帯住宅では、心理的瑕疵があるのではないかと疑念を抱く方も多いでしょう。
実際に二世帯住宅が売りに出されるきっかけの多くが家族の死や住宅ローンの滞納などのマイナスな理由です。
ただし高齢化が進んでいる近年においては、以前より二世帯住宅の需要が高まりつつあります。
二世帯住宅を売却する際の注意点を押さえ、成約に結び付けていきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

二世帯住宅を売却するときの注意点とは?

二世帯住宅を売却する際に注意するべき点は、下記3点です。

変更登記をおこなう

不動産を売却する際は、売主と登記上の所有者が一致していなくてはなりません。
所有者の死去や離婚に伴う売却の場合は、早めに変更登記の手続きを進める必要があります。

生活感をできるだけ消す

二世帯住宅は、一般的な一戸建てと比較して生活感が前面に出やすい物件です。
内覧を希望する方が現れた際は、事前に掃除や片付けを徹底的に実施することをおすすめします。

二世帯住宅以外の活用方法を検討する

たとえば完全分離型のタイプであれば、共同住宅として貸し出すことも可能です。
売却活動が長引きそうになったら、別の活用方法を検討するのも良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

二世帯住宅は一般的に売却しにくいと言われていますが、高齢化社会の加速に伴い近年需要が高まりつつあります。
売却時の注意点を理解して適切な対応をおこなうことで、スムーズに売却できる可能性も高くなるでしょう。
私たち「清澤司法書士事務所」は中野区を中心に、東京23区エリアで不動産売却のサポートをしております。
お客様に真摯に対応いたしますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6300-9577

営業時間
9:00~19:00
定休日

売却査定

お問い合わせ