不動産を売るときには何を確認すれば良い?必須事項をご紹介

2022-10-11

知識

不動産を売るときには何を確認すれば良い?必須事項をご紹介

不動産を売却しようとしたときに、対象不動産の情報を何も知らないとどのように売れば良いのかわかりません。
そのため、まずは売る不動産の名義や状態を知る必要があります。
この記事で解説していくので、中野区周辺で不動産売却を検討している方はぜひ最後までご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売る前に名義を確認しておこう!

名義とは、その不動産を所有する表立った方の名前のことを意味します。
不動産を売る前には、誰の名義になっているかを登記簿謄本や権利証で確認しなければなりません。
なお、遺産相続のケースでは、名義が亡くなった方のまま変更されていない可能性があるので、名義変更が必要です。
名義変更する場合は、司法書士などの専門家に手続きを代行してもらうことをおすすめします。
また、不動産を共同名義にしているケースでは、共同名義の方と一緒に不動産売却を進めていきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

売る不動産の状態を詳しく確認!

不動産の土地や建物の状態について、詳しく確認しなければなりません。
なかでも、土地の境界は隣地の所有者との間で問題になりやすいので、事前に話をつけておく必要があります。
双方が納得できる形で、境界の問題を解決しましょう。
また、建物の状態に不備がある場合は、買主へその旨を知らせなければなりません。
万が一、購入後に瑕疵が見つかると、売主は買主から契約不適合責任を問われる可能性があります。
これを防ぐためにも、不動産を売る前に建物の状態に瑕疵がないか確認が必須です。
不動産の状態が良いと思っていても、隠れた瑕疵が見つかる可能性があるので、きちんと確認しておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

売る不動産の周辺環境を確認すると信頼度が上がる!

不動産の周辺環境は、暮らしのなかで大切な要素です。
そのため、売る前に確認しておくと買主からの信頼度が上がります。
とくに、近隣トラブルの有無は必ず確認しておきたいポイントです。
近隣トラブルがあると住み心地が悪くなる原因となるため、買主を安心させるためにも事前に調べておきましょう。
この他、最寄り駅の場所や、周辺道路の状況も知っておくことが大切です。
買主によって移動手段が異なるので、電車・車どちらを主に使用しても良いように周辺環境を確認しておくようにしましょう。
また、周辺環境について不安なことがあれば、弊社へご相談ください。
弊社では、中野区周辺の環境について詳しい情報を持っています。
周辺状況は不動産を売る際のアピールポイントとなるので、お悩みのことがあればぜひお問い合わせくださいね。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産を売る前には、名義と状態、そして周辺環境を確認しておきましょう。
そのなかで心配事が出てきたら、どんなことでも良いので弊社へご相談ください。
私たち「清澤司法書士事務所」は中野区を中心に、東京23区エリアで不動産売却のサポートをしております。
お客様に真摯に対応いたしますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6300-9577

営業時間
9:00~19:00
定休日

関連記事

売却査定

お問い合わせ