不動産の売却を遠方からおこなう方法をご紹介

2022-08-16

知識

不動産の売却を遠方からおこなう方法をご紹介

親から相続した家など、さまざまな事情で遠方に不動産を所持している方が多いと思います。
また、その不動産を売却しようとしても、遠方にあるので現地に出向くことができず、無事に売れるのか不安があるでしょう。
この記事で解説していくので、遠方から中野区エリアの不動産売却を検討している方はぜひ最後までご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を遠方から実施する方法

遠方で現地に出向けなくても、不動産売却できる方法があります。
まずご紹介する方法は、持ち回り契約です。
持ち回り契約とは、不動産の売買契約書を不動産会社・買主・売主の間で郵送して手続きする方法です。
売買契約書が不動産会社に到着すると、契約が成立します。
次に、代理人を選出して代理契約してもらう方法です。
遠方に住んでいる売主の代わりに、代理人が不動産売買契約書に署名・捺印をおこないます。
この他、司法書士に依頼する方法もあります。
不動産売却に関わる契約を、司法書士が代理で請け負うので、信頼のおける方に任せましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

遠方から不動産売却するときの流れ

流れとしては、まず不動産会社の査定を受けるところから始めます。
中野区エリアの不動産は、弊社で査定を承っているのでぜひご利用くださいね。
続いて、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類から媒介契約を結びます。
その後、売却活動を始めていき、買主との売買契約へ進む流れです。
なお、遠方で現地に出向けない方は、郵送で売買契約書のやり取りをすることができます。
契約が終わると、決済と不動産の引渡しをして一連の流れが終了します。
遠方の不動産売却は、査定や契約書の手続きを郵送で進める場合が多くなるでしょう。
そのため、手続きが一回で済むように不備を少なくすることを心がけましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

遠方から不動産売却するときの注意点

まず、不動産売却が終了するまでに時間がかかることが注意点です。
遠方に住んでいるため、なかなか現地へ出向く機会がないと担当する不動産会社と会う機会も限られてしまいます。
そのため、売却終了までの期間はあらかじめ話し合っておきましょう。
また、遠方に住んでいるからといって、すべての手続きを郵送で済ませられるわけではないことが注意点です。
不動産の査定時・契約締結・決済と引渡しの3回は、現地に行く必要があります。
このように、不動産売却における重要なイベント時は、現地へ行くことになるので予定を空けておくようにしましょう。
なお、万が一現地へ行かれないときは、委任状を作成して代理人に手続きを代行してもらうことも可能です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

遠方の不動産を売却する際には、持ち回り契約や代理契約の方法で手続きできるので安心してください。
しかし、不動産のような大事なものを売却するため、代理人を立てる際は信頼のおける方を選びましょう。
私たち「清澤司法書士事務所」は中野区を中心に、東京23区エリアで不動産売却のサポートをしております。
お客様に真摯に対応いたしますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6300-9577

営業時間
9:00~19:00
定休日

関連記事

売却査定

お問い合わせ