不動産売却の流れ!どれくらいの期間で売れるの?

2022-08-09

知識

不動産売却の流れ!どれくらいの期間で売れるの?

不動産売却は人生で何度も経験するものではないため、分からないことだらけなのは無理もありません。
誰かに質問したくても流れが掴めていないために、どう尋ねて良いか悩んでいる方も多いでしょう。
不動産売却をスムーズに進めるためにも、流れを知り売却についての知識を高めることは非常に重要です。
そこで不動産売却の流れや売却活動の内容、完了までの期間についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れ!媒介契約はいつ結ぶ?

媒介契約とは、不動産会社に仲介を依頼する際に締結する契約のことです。
売却価格や媒介価格、契約期間やその内容など仲介するにあたって取り決めした事項を記載します。
一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があり、それぞれ内容に違いがあるため注意しましょう。
たとえば、専属専任媒介契約や専任媒介契約は複数業者との契約ができません。
指定流通機構への登録や業務状況の報告など細かく定められており、細やかなサポートを希望する方に向いています。
一般媒介契約は自由度が高いのがメリットですが、その分サポート体制は依頼する不動産会社によります。
築浅や立地が良いなど売却する不動産が好条件な場合や、複数業者とコミニュケーションをとれる方が選択すると良いでしょう。
流れとして媒介契約は、物件の査定後に締結するのが一般的です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れ!売却活動は何をする?

媒介契約を締結したら、本格的に売却活動を開始します。
広く物件を知ってもらうため、指定流通機構への登録やポータルサイトへの掲載、新聞の折込チラシ、近隣へのポスティングなどさまざまな方法で広告活動をおこないます。
依頼した不動産会社によっては、オープハウスなどの売却活動をおこなうことも少なくありません。
売却活動のやり方によって成功するか否かが左右されるため、どんな方法でおこなうか事前に確認しておきましょう。
売却活動にて購入希望を見つけたら、実際に内覧で物件を見てもらいます。
購入するかどうかは第一印象で決まるといわれているため、掃除をして清潔感を保った状態で臨みましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れ!どれくらいの期間がかかる?

不動産売却は査定から始まり、媒介契約締結後売却活動をおこなうという流れで進んでいきます。
購入希望者が現れれば交渉し、売買契約の締結、決済、引き渡しで不動産売却は完了です。
この一連の流れで期間が予測しづらいのは、売却活動から売買契約締結までの間です。
買主がすぐに見つかれば1か月ほどということもありますが、なかなか見つからない場合は半年以上かかってしまうケースも少なくありません。
ただし、一般的に査定から引き渡しまでの期間の平均は3~6か月程度と言われています。
万が一それ以上の期間がかかってしまうようなら、価格を見直す、やり方を変えてみる、など対策を講じてみたほうが良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却は査定から引き渡しまでさまざまな過程があり、流れに沿って進んでいきます。
スムーズに進めるためにも、媒介契約や売却活動などの知識を頭にいれておきましょう。
売却期間は3~6か月ほどが一般的ですが、個別性が高いため一概にはいえません。
私たち「清澤司法書士事務所」は中野区を中心に、東京23区エリアで不動産売却のサポートをしております。
お客様に真摯に対応いたしますので、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6300-9577

営業時間
9:00~19:00
定休日

関連記事

売却査定

お問い合わせ